駅弁の包み紙

昭和初期の駅弁の包み紙です
現在の駅弁は百貨店の「全国美味いもの展」などでお目にかかることが多いですが
情報伝達の進歩していなかった昭和初期では
駅に停車したときに、汽車の窓から買い
動く汽車の車内で食べる駅弁が何よりのごちそうで
その味が口コミで伝えられたようです
当時も、弁当の製造時間を表示していたとは、日本も捨てたものではありません



 軽井沢駅 / 油屋の駅弁
 熊の平駅 / 多満屋の駅弁
 水上駅 / 水上館の駅弁
 石内駅 / 川岳軒の駅弁>
 高崎駅 / 天来庵の駅弁
 高崎駅 / 矢島の駅弁
 高崎駅 / 松本の駅弁(多胡古碑)
 高崎駅 / 松本の駅弁(榛名富士)
 熊谷駅 / 秋山亭の駅弁(蓮生法師)
 熊谷駅 / 秋山亭の駅弁(長瀞)
 熊谷駅 / 秋山亭の駅弁(桜)
 久喜駅 / 富壽館の駅弁(御寿司)
 久喜駅 / 富壽館の駅弁(御弁当)
 寄居駅 / 柴田の駅弁
 沼津駅 / 桃中軒の駅弁
 名古屋駅 / 松浦彌兵衛の駅弁
 京都駅 / 荘乃家の駅弁
 大阪駅 / 水了軒の駅弁
 岡山駅 / 三好野本店の駅弁



 大阪運輸事務所管内 共通 御はん
 東鐵管内 共通 新緑郷と散策地
 東鐵管内 共通 澄む空に足軽るく
 東鐵管内 共通 秋のおとづれ




トップページに戻ります 



.