知っていれば絶対トクする! あなたの税金

はじめに

たとえば、あなたがコンピュータを買おうとするとき、あるいはマイカーを買おうとするとき、
あなたはいろいろなデータを比較検討して購入する物件を決めることでしょう。それは、単に安
ければいいということではなく、性能に見合った価格であるか、機能はどうなっているのかを、
時間をかけて調べることになるからです。

一方、あなたが税金を支払うとき、あなたは何を比較検討できるのでしょうか。
残念ながら、「納税」に関して比較検討できる材料は何ひとつありません。日本という国に住ん
でいながら、納税者が比較検討できるものは何もないのです。あなたは、比較検討できるものの
ないまま税金を払っているのです。

ならば、税金は安いにこしたことはありません。同じ性能、同じ機能のコンピュータやマイカ
ーだったら、誰もが1円でも安いほうを選択するように、提供される国のサービスが同じである
なら、納税額は1円でも安いほうがいいに決まっています。

この本は、税金を安くすませるための本です。あなたがコンピュータやマイカーを選ぶときと
同じ目で、税金について見ていく本です。

税法は難解だといわれています。税務署から送られてくる説明書も難解だといわれています。
それは、日本に住む人全員に、そして日本全国どこでも、同じ税法を適用するためにモレがない
よう複雑な規定を設け、それをそのまま解説文としているからです。
そして、税法はめまぐるしく変わっています。激変する日本経済に対応させるために、数年ご
とに改正されていきます。昨日まで有効だった節税策が、もう今日からは使えないということも
起きています。

この本は、難解で、改正の激しい税法をやさしく解説しています。自分を中心に、あるいは家
族を中心にして税法を見ることによって、税法は身近なものとなります。
夫の税金を節税しても妻の税金が増えたのでは意味がありませんし、相続税の節税対策をした
ことによって、節税額以上の贈与税を支払ったのでは本末転倒です。
本書を読んでくださる皆さんが、税金でソンをしないよう、そして、税金でトクをするよう願
っています。

              平成15年11月       薄 井 逸 走


戻ります





.