ラベル(封紙)のコレクション


古いヤツだとお思いでしょう。
その昔、セロテープ(NHK風に言うと、セロハンテープ)が無かったころ
商品を包んだ紙の端にこのラベルを貼り、今のセロテープと同じ役目をさせたのです。
当時の日本語で「封紙」といいます。







このラベルの裏に、切手のような糊がついていて、水で湿らせて
包装紙の端を止めたのです。
松坂屋のラベルには、売場か日付かを押したスタンプの跡があります。

これらは、昭和初期から昭和20年代に使われたものです。


トップページに戻ります 




.