是非ご覧いただきたい、代表的なマッチを3個用意しました。



この時代、ドライミルクのことを「コナオチチ」(粉お乳)と言ったのです。
英語に溢れた今の日本を誰が想像したでしょうか?
今風に言うと・・・・「クリープ」かも。
ドライミルク=粉ミルク です。念のため。






フィッシュスキンとは、コンドームのことです。古い時代に、魚の浮き袋で代用したからなのでしょうか?
でも、なんで「新人の絶賛」なのでしょう? 
新人って?

攝(手偏に耳が3個)・・・・・「摂」の旧字です。
では、「摂妊」とは?








「旗は日の丸、ビールはアサヒ」・・・・
愛国心溢れるキャッチコピーではありませんか。
国旗や国歌を法律で決めなくても・・・・よかった時代です。
しかし、まあ、よくここまで言い切ったものです。




   マッチのラベルの目次に戻ります